{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/3

【乳酸発酵の珍しいお茶】上勝阿波晩茶[茶葉50g入り]

残り2点

¥972 税込

送料についてはこちら

徳島県上勝町特産の上勝阿波晩茶です。 「阿波晩茶ってどんなお茶?」 世界でも珍しい乳酸発酵させて作るお茶です。 日本のお茶の中には「番茶」と呼ばれるものがあります。 これは、原料として夏以降に収穫した三番茶、四番茶を使うので「番茶」といいます。 上勝阿波晩茶は夏に収穫します。しかし、茶摘みは一度きり。 春ではなく夏に摘む。遅くに摘む所から「晩」という字を使って「晩茶」と名付けられています。春の新芽を摘まないのはやわらかい新芽では加工の段階でバラバラになり、葉の形が残らないから。成長した葉の栄養分が乳酸菌の活動を活発にするため、夏に木の根元から先端まで全ての葉を摘み取ってしまうそうです。すごい! 「手作りの極み」 四国の山奥にある小さな町、上勝町の農家さんがお家で飲むお茶として愛されてきた上勝阿波晩茶。山の斜面にある多くの木が、元々自生しているもの。茶摘みから袋詰めまでそのほとんどが手作業です。「昔の作り方が一番うまいんとちゃうで」上勝のおばあちゃんが言ったこの一言に尽きると思います。手作りっておいしい! 「晩茶の楽しみ方」 1、水が大切 美味しく淹れるのに一番大切なのは水。できるだけ良い水、ミネラルウォーター(軟水)などを使いましょう。 2、茶葉の量 急須で淹れる場合、4人分で5gが目安。大きなやかんで作る場合はひと掴みくらい。 濃く出したいときは多めでもオッケー。自分の好みに調節しましょう。 3、抽出時間 急須に沸騰したお湯を注いで、2~3分待ちます。やかんを火にかけ、煮だしても〇 時間はお好みで。 ※夏場は水出しもおすすめ!(ほど良い酸味ですっきりした味わい。うまいっ!) ポットに水を入れて、茶葉をそのままひと掴み。一晩冷蔵庫に入れておけば完成! 名称:上勝阿波晩茶 原材料名:茶葉(徳島県上勝町産) 内容量:50g 保存方法:直射日光、高温多湿を避け、移り香にご注意ください。